アメリカン・ビューティー

第72回アカデミー賞作品賞受賞作。
「アメリカン・ビューティー」というバラの赤に象徴されるが如く、映画の所々で深紅の赤が差し色としてアクセントとなっている。
不気味な静けさの中、隣の家を覗き見するような背徳感を感じる映画。レスターを演じるケヴィン・スペイシーの怪演がとにかく光りまくっているのが魅力。あろうことか娘の友達に恋をして、急激に坂道を転げ落ちていく様がシニカルに描かれている。壊れ始めたレスターを冷めた目で見る妻と娘だが、自体が思いもよらぬ方向へ向かっていく。妻キャロラインの典型的なアメリカ人女性像も面い。ヴェルニ

アメリカン・ビューティー

「魔女の宅急便」といえば、お掃除シーン!

ジブリ映画はどれも大好きだけど、時々むしょうに観たくなるのが「魔女の宅急便」。
私が一番好きなのは、ダントツでキキがホコリだらけの屋根裏部屋をお掃除するシーンです。
床に水をまいてブラシでピカピカにこする様子を見ていたら、自分もお掃除したい!というポジティブな気持ちが湧いてくるんです。
だから、掃除したいけどテンションが上がらないときは、キキのお掃除のBGMをかけると、とってもはかどります!
そして猫好きにはたまらない、黒猫ジジの存在!会話できる子猫といつも一緒にいられるなんて、キキがうらやましい!
「魔女の宅急便」を観るたび、うちの猫とも一度でいいから会話してみたいなと思うのです。
トンボのお調子者で人懐こくて優しくて、少し空気が読めない性格もリアルで良いですよね。友達になりたいな。脱毛のおすすめ情報

「魔女の宅急便」といえば、お掃除シーン!

Dawn of the Dead

私はマイナー作品が好きで好んでレンタルをしてきます。
特にこだわりがありマニアの中では有名だけど一般では殆ど有名ではない作品ばかり鑑賞し1人自己満に浸る日々、そこで特にはまったジャンルはホラー作品、ネットで検索後特にマニアには有名で今では全然話題にでない作品「ゾンビ」と出会う事になります。
本国では「Dawn of the Dead」日本では「ゾンビ」とそのままのタイトルです。
ゾンビと言えばノロノロ歩くのが有名ですがそのイメージを確定させたのがロメロ監督製作の「ゾンビ」になります。
公開は1973年と古く特殊メイクなど今では粗が目立つ作品だと思いますが今現在でも公開されているゾンビ映画も勝てない脚本、ストーリー構成になっています。
4人の主人公達が逃げた先には大きなデパート、中には日用品など数多く娯楽があります。
当時の社会問題や人間とゾンビ本当に恐ろしいのはどちらか考えさせられる作品です。
メインの登場人物も4人と少なく感情移入し易いのもお勧めです。
この作品後ゾンビ映画は大量に製作されたのも有名で影響力の高さが分かります。М字はげに効果のあるプランテルは副作用なし

Dawn of the Dead